他力って何?‥kirinnの解釈デス


「他力」は浄土真宗では最も大切な教義ですそして最も難しい、言葉で説明のできない教義だと思います

「他力」は、こういう風に説明しなさい!
と浄土真宗本願寺派では決まっていて
自分の感じた理解をつけ加えると叱られるのかもしれません?
(組織の中のことはよく分かりません)

krinnは自分の体験と
これまでの学び(中央仏教学院通信教育・聴聞・さまざまな出遇い)から
他力は一生懸命の自力(自分の努力、行動、求道)を経験した上に
到達する、体感する教えというか、目覚め、感動だと思います。
自分で息をして生きているのですが‥
「生かされている」という思いに変ります

全てのものがいとおしく感じられ感謝の気持ちでいっぱいになります。

極端な言い方ですがそう感じる瞬間がまだ来ないのは
一生懸命に求めていないからだと生意気にも思っています。
(死ぬ一歩手前までの自力が必要です。死んでしまってはいけません)

そしてその体感、感動はずーと同じ状態で続くのではなく
人のことを悪く思ったり、腹を立てたり、自分でがんばって生きているんだ!
と思ってしまう悲しい自分が絶えず見え隠れします‥

そういう自分を見つめながら‥
生かされている自分を大切に「一人ぼっちだけど一人じゃない」と
強く、優しく、歩んでいくことができるのが
「他力」ではないかと思います。

お寺は葬儀、法事の為だけにあるのではなく
がんばっても、がんばっても
前にも後ろにも右にも左にも下にも
進めない泣いている私たちを見つけてくださったなら

即、救うのがお寺のなされるべきことと思います。

仏さまのお手伝いをされているのですから‥



今日も一日が終ります‥
 
原発が気になります‥ね

これ以上、被害が大きくなりませんように

悲しむ人が増えませんように‥


なまんだぶ なまんだぶ
by k-yoko2525 | 2011-03-30 23:38 | 仏教 buddhism | Comments(0)

これでいいのかな? 仏教、教育、今の私…悩めるkirinnの1.2.3.ビジヨンです!


by kirinn
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30