各仏教宗派は地震の被災地に向けてさまざまな支援をされています

義援金も物資も人材も送っておられること思います

一番大事なのは、目に見えるものではなく
目に見えない心を支えることと思いますが‥

浄土真宗以外の宗派はどのようなことをされるのでしょう

護摩をたいておりされるのでしょうか?

お題目?(字が違うかもしれません)を唱えるのでしょうか?

何かをささげる?お供えするのでしょうか?

浄土真宗には「祈り」は無いので

お念仏です


でも
たくさんお念仏すると⇒救われるというものではありません

自分自身の深い々、内省から
自分の無力さに気づくところと + そんな私を救ってくださる阿弥陀さま
‥がある日突然、気づかないうちに、自分の中にやってきて?生まれて‥

お念仏が口から出ています‥

この説明は本当に言葉にするのが難しい‥(ーー;)言葉にすると、とてもオカルトっぽくなり‥いけません

浄土真宗が誤解されるのも分かります

念仏は呪文ではありません

日本中が浄土真宗となって、

いっせいに国民全員が念仏をしたからといっても

今回の大惨事があっという間に終息する!なんてことはありません


これは、他のどの宗派も同じと思います

日本中でお祈りしたからといって、あっという間に元どおりにはなりません

それなら‥

仏教は日本の何を救えるのでしょう

「無常」‥でしょうか

常にあるものは無く‥
良いと思われる状態は永遠には続かない
悪いと思われる状態も決していつまでも続かない‥終わりは必ずやってくる


人間の力では、どうしようもない事が起こる
人間の力、考えをあてにしすぎておごってはいけない
‥と知らされる


知らせれた時‥
大いなるものを全身で感じながら
一日精一杯生きて、生かされて‥

念仏 or お題目 or 祈り

なのでしょうか‥?


kirinnは、危なっかしい浅学kirinnなので
偉いお坊さまに叱られる?というか‥
恥ずかしいのですが‥

仏教に、今この時、何ができるのだう?

教えにつながる心の支えができないかなと考えます

人間のすることですから
たいしたことは出来ず、
自己満足に終るかもしれませんが‥

せずにはおれないのが仏教‥
それが浄土真宗の他力‥かな


今夜もまた悩みます

これでいいのかな? kirinn 
by k-yoko2525 | 2011-03-23 22:55 | 仏教 buddhism | Comments(10)

クリック一つで情報が地球のどこまでも届いてしまう現代です。
海外のデモの呼びかけも、カンニングも、災害時安否確認も、
良いことにも悪いことにも使えます

kirinnもこうしてブログを開設し、ついつい調子にのる時があります。
調子にのっていることに気づかないこともあるでしょうから
‥こわいです(ーー;)

ブログを開設した理由の一つに
生意気ですが‥
どうすれば「仏教」‥「浄土真宗」に(正しく?)出遇うことができるんだろう?
ネット上で何かできないかな?と思い、感じたことを記し始めました。

その前に「実際の現場(生活の場)で出来ることがあるでしょう」‥と
思われる方もいらっしゃると思うので
つけ加えますと‥

過去の記事を見て頂くと分かるのですが、
組織の圧力(封建的なシステム)を体感したので‥行動する場を変えようと、変えたいと思ったのです
(組織とは今少々話題になっている組織です)

自分の考えは、ハズレていないか?
情報だけを発信するのですから、適当なことは載せられません⇒
身のほど知らずですが*仏教blog*‥としてしまいましたから

ですから、自分本意に陥らないためにも、
これまでいくつかの仏教関係のサイトにおじゃましたことがあり、
また、コメントを残させてもらったこともあります


kirinnノートを開いて下さる方も
仏教に何かを求めていらっしゃると思うのです。
ドキドキしながら?コメントを入れてくださる方がいらっしゃいます♪

(*^_^*)も知らない、声も聞こえない、
ネットでつなっがた不思議なご縁です。
ブログを見て、たまたま開いて辿りつき、コメントを残したくなった

心が動いた他力ですね♪

kirinn
コメントを頂いたら、お返事レスをしたいです♪ 
(お返事せずにはおれないのが仏教ブログの開設者と思ってます)


もし‥
コメントをしても返事はなく、相手のブログ(HP)が更新されていたなら‥
(申し訳けないですが‥)
いくら画面上で仏の道を説いても‥ダメじゃん!!
趣味の(営業?)仏教ブログ(HP)なのかな?とがっかりします。
コメントするんじゃなかったと思います。
案外、超立派な寺院さまが‥(ーー;) ネ

仏さまの教えを求めて歩ませて頂くのならば‥
気持ちの良い‥* インターネット上のつながりをと思います

ただし、イイコぶる必要はないと思っていますので、そのままで‥
調子にのっては、反省し、そしてまた調子にのる‥
アミダサマモウシワケナイッス‥*
by k-yoko2525 | 2011-03-06 11:13 | 仏教 buddhism | Comments(0)

大好きな尊敬するお友だち(先生)から、次のことを教えて頂きました
「浄土真宗の信心、見れば分かる!?」について
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

+ + + + + + + + + + + + + + + +  
 大事なことは‥                                              
①お念仏がでてくるか、                                         
②特に機の深信を心得ているか                                      
③学仏大悲心に基づくお尋ねか、知識量でなく、                          + その人の全身から感じられるものなのでしょう。
 そのことを単純化して「見ればわかる」と仰ったのなら                        それもあり、だと思います。
                                                        ただし、その人がどんな現在であっても、
等しく阿弥陀如来に抱かれている存在であることはもちろんです                
+ + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + 


うーん了解!‥と感謝です♪アリガトウゴザイマス

なまんだぶkirinnなまんだぶ
 
その人、全身から感じるもの、漂ってくるもの?空気?薫り‥
うーんそういう風になりたい‥けれど

きっと
自分の力ではできない(~_~;)‥デス
by k-yoko2525 | 2011-02-27 12:51 | 浄土真宗 Joudosinsyuu | Comments(1)

f0064925_110992.jpg


昨日、図書館に行って借りてきました。
西本願寺では(ご法話)、清沢満之師はでてきません。
東本願寺の先生なので当然でしょうが‥
zenkyuさまのブログで、もっと知りたいと思ったkirinnです

kirinnが持つ、
これまでの満之のイメージは、哲学っぽい教えで、東本願寺から一度、追放された?
異端児っぽい?
難解(-_-;)‥‥デス

ガンバッテミマス‥*
by k-yoko2525 | 2011-02-19 11:00 | 浄土真宗 Joudosinsyuu | Comments(10)

浄土真宗のお寺で、布教使さまがお話しされる内容は
ほとんどの布教使さんは、いきなり浄土真宗のキーワードを挙げてお話しされます

初めて聴いたなら‥意味不明、(-_-;)‥さっぱり分からず(~_~)宗教はどれも同じと思ってしまいます
 
布教使さまは、聴いてくださる方を見て、対象者に合わせてお話しをされるそうですが‥

以外と外れているように思うkirinnですスミマセン

浄土真宗親鸞聖人の教えをお取次ぎされるのですが‥


現在の公立学校では宗教を学びませんからまず最初のところの宗教仏教が分からないのです

高校で倫理の時間に学ぶのは、「親鸞聖人=歎異抄」 と覚えるくらいです
センター試験では「悪人」について出題されましたが‥これは公民で倫理を選択した倫理大好きな受験生だから知っているのです

宗教の意味、仏教の始まり、お釈迦さま、龍樹菩薩がなされたことなどから
分かっていけば‥意味不明(-_-;)宗教はどれも同じには、ならないのでは?‥と思うkirinnです
龍樹菩薩は八宗の祖と言われますよね
「空」の教えを説かれた‥今でいう超カッコイイ?イケテル?ヤバイ?(不謹慎です)
すばらしい龍樹菩薩(ナーガールジュナ)であられます

kirinnも中央仏教学院通信教育で勉強して龍樹菩薩がどれだけ偉大であるかを知りました。
仏教学院で勉強しなかったら七高僧のお一人と、軽く通りすぎていたと思います


長ーい間、お聴聞されていらっしゃるおばあちゃまたちも
何かよく分からないけど、ご住職さんが言われるから正しいのだろうと思っている方も多いのでは?と思います

お念仏をすれば救われると教えを聴き、
高齢になって‥
お念仏をしても救われた感がないまま‥不安になり‥
でも今さら聞けない(質問できない)‥


救いに即効性を求める現代人なので
伝道といっても、そう簡単ではありませんが‥

まずは目の前にいる人の身になることかな?と思うkirinnです。
教育も同じでは?と思います
生徒の身になって考えること‥

「相手の身になって‥」とよく使われますが
そう簡単にできることではありません (kirinnもそうです(~_~))
でも、そうありたいと思いながら努力することはできます

きっと阿弥陀さまも 応援してくださってますよね(*^^)v
by k-yoko2525 | 2011-02-12 15:33 | 浄土真宗 Joudosinsyuu | Comments(0)

f0064925_1693441.jpg


以前、「宗教と若者を結ぶ接点は‥?」というタイトルでkirinnの考えを記しました。
たどり着いた答えは⇒接点はあるけれども、一瞬の接点を周りが消してしまっているというのがkirinnの現在の考えでした。

身近なところで‥気づいたことを記していきます

まず最初に
①葬儀、法事の場です
お葬式や法事に若い方(おじいちゃん、おばあちゃん以外)も来られますよね。
たとえそれが義理とか、付き合いであってもです。

その時に(不謹慎かもしれませんが‥)
仏教の深さというか、荘厳さというか、毎日の生活にはない空間、時間であることは確かですから、
そこで宗教に仏教に魅力を感じてもらうことです。

その為にはやはり、お寺さんが重要になってきます。

立派なお坊さまは立っていらっしゃるだけで‥何かkirinnたちにはない清浄な空気を発しておられます。
ご修行のたまものであるとkirinnは感じています。
(この魅力的な空気、いわゆるオーラは自分で作ることはできませんよね)

でも、次のようなことは気をつければできると思うのです。

1.偉そうにしない (衣をつけられると‥ね)スミマセン

2.葬儀の時⇒「白骨のご文章」だけ言ってさっさと帰らないでほしい‥スミマセン
初めてこの「白骨のご文章」を聞いた時、kirinnは何て悲しいひどいことを言われるのだろうと思いました。
意味が分からないのですからしかたありません。
この葬儀が縁で仏教を知りたい学びたいと思う心も生まれますので
お寺さんは、この時ご文章を読まれるだけでなく、遺族の方の心中を察しながら分かりやすく心のこもったお話しをして下さったらと、葬儀に参列するたびに感じています。

ちょっとしたきっかけで、もう少し聞いてみたい知りたいと思います。

3.法事の時⇒お勤めだけしてさっさと帰らないでほしいもちろんご文章の拝読はされますが‥その後、そのご家族にピッタリのお話し(ご法話)をなさってほしいと思います。
その為には、どういう気持ちでその家族は毎日を送っていらっしゃるかを知ってないといけません。
門徒(檀家)を大切に思う気持ち、可愛がる気持ちが一番必要です!

4.お斎の席についていただきたいたいていは「ご膳料」?として食事分のお布施を用意しますが‥
ここは、やはりコミュニケーションではないでしょうか?
お寺さんだけの希望ではできませんから、ちょっと難しいですが‥仲良くなれば一緒にお食事したいと思うのが人間です。
好きな人とは一緒にいたいでしょう♪
②お彼岸とお盆の時ですこれも不謹慎ですが‥
この時は普段、お寺に来られない方も必ずといっていいほどお寺へ
お墓参りに来られます。20代の若い方、幼稚園、小学生‥
お寺に足を運んでおられます
ウーン‥都会は違うのですかね?いやお盆は里帰りをして
お墓に参られますよね。
教えを聴いていただく絶好のチャンスなのですが‥
チャンスをつぶしておられるように感じます

お寺さんがもう少し、
受け入れ態勢を整えてくださればと思います
荘厳さは必要ですが威圧感はNGです!
‥そうです今、若い方はパワースッポットといって不思議な空間を求めていますし、
中高年の方は子育てを終え‥自分に教養をつけたい、何か新しいことを学びたいという意欲で満ちておられます。
仏教を学んでみよう!「歎異抄」を理解したい!と思っています。
学びの場を探しておられます。

上記のようなことは分かっているのですから‥
それに答えられるように
お寺さんの事情に合わせて工夫(受け入れ、企画)をすればいいのではと思います♪

③お寺での行事の見直し、広報の仕方を新しくすることが必要です。もちろん伝統を守り、大事なところは、はずさない。
大事なところは、よりインパクトのある行事、時間にしなければならないと思います

④お寺で組織された仏教婦人会、仏教壮年会の見直しが必要です
これまでの運営(やり方)では‥若い人は来ません!
仏教婦人会については、kirinn体験記で記していこうと思います


気づいたことを挙げてみました

実際にいろいろやってみることが大事だと思います♪
どうせ来てもらえないだろう‥では何もうまれてきません

身のほど知らずのkirinnです
どうぞお許しください
by k-yoko2525 | 2011-02-08 16:09 | 浄土真宗 Joudosinsyuu | Comments(2)

本願寺宗会総辞職⇒新総務‥となりました。

これから本願寺はどうなっていくのでしょう?
「おまえさまに心配される筋合いは無い!」って感じでしょうが‥

仏教婦人会で鍛えられた(ToT)/~~~kirinnは

「どうしてお寺に若い人が来ないのか?」
「どうすれば魅力を感じてもらえるのか?」

‥をkirinnの体験記をもとに記していこうと思います

東京だから門徒の数が少ないのではないと思います
親鸞聖人の教えを伝えていけるお寺さんが少ないのです
悪口になってはいけません。ハンセイデスm(__)mゴメンナサイ一生懸命に伝道活動を身をもってされていらっしゃる立派な
お寺さん、布教使さま、先生もたくさんおられます

でもこれまでの布教の仕方(お寺の本堂でご法話をする)
だけではダメだと思います

次回につづきます‥*
by k-yoko2525 | 2011-02-07 17:34 | 浄土真宗 Joudosinsyuu | Comments(0)

f0064925_21405782.gif

仏教学院通信教育の中央学習会は4月から始まるスクーリングの前にあります。
試験前のウォーミングアップです。
どういう問題がでるかを教えて下さる先生もいらっしゃいますので聞き逃さないように受講されることをお勧めします。



勉強方法や試験の受け方のkirinn体験記は以前に記した通りです。

後、専修の3年生は法話の実演試験がありますので以下に記します。

kirinnの場合
原稿を持って試験の部屋に行きました。

kirinnは先生から「原稿を見てもいいですよ」と言って頂きました


棒読みは、いけませんが言葉に詰まった時に原稿を見るのはOKでした。


本当の布教師さんのようにお話しされる方もいれば、ご自分の思いを述べる形式の方もいらっしゃいます。


よほどのことを(真宗の教義にはずれる)言わない限りは大丈夫と思います。

ちなみにご讃題は言った方が良いと思います。
by k-yoko2525 | 2011-01-25 21:40 | 中央仏教学院通信教育 | Comments(0)

+我のかたまり…+

kirinnは我のかたまりです。(個性はこの我の中にあります)


kirinnはこのkirinn我に泣かされます。


kirinn我が大きければ大きいほど、

深い深い海溝…

そうマリアナ海溝に沈みます…チンボツセンダ

そして深ければ深いほど上手に上がってくることができます…フシギ

仏さまのおかげです…(*^_^*)v
by k-yoko2525 | 2011-01-22 07:15 | 浄土真宗 Joudosinsyuu | Comments(0)

+宗教体験.廻心…+

f0064925_18182137.jpg



f0064925_18182122.jpg



中央仏教学院通信教育の教区の学習会の中で、ご自身の宗教体験?(臨死体験)をお話し下さった方がおられます。

他にも浄土真宗の中で出会った方で…、金色に輝く阿弥陀さまの姿を見た瞬間があったという宗教体験?

新興宗教といわれる中で神のお告げ?があった…とか、

kirinnにはそういう体験がありません。
みんなそういう体験があって仏道に導かれていくのかな?

子育てが一段落された女性、無事に定年退職された男性が「さぁこれから、お寺さんとも付きあって地獄に行かないようにしよう(^^)v」とかスミマセン
…仏教の勉強を始めてみようと一歩足を踏み込まれる方も多いのではないでしょうか


仏教との出会いは100人いたら、100人すべて違うでしょう。

一番多いのが近親者を亡くして仏道を歩み始めるかな?
でも近親者を亡くしても、全く歩み始めない方もいらっしゃいます。

辛い悲しい体験をしたから廻心が生まれくるものでもなさそうです。

kirinnにも、何か、爆発的な電光石火の何かを目や耳で確認できる時がくるのか?…たぷんこのまま来ないような気がします。

ただ一つのシーンとして、次のようなことを思い出します。
kirinnの父が亡くなって
最初に家から外に出て、家族のために夕飯のおかずをスーパーに買いに行った時、
店内をkirinnは歩いているのですが、楽しそうにお買い物をする周りの人は見えても周りの音は聞こえず、
無音の中を「私はこんなに変わってしまったのに、周りは何もかわらない。私はこんな変わったのに、家族のお腹を満たすために食べ物を買いに来なくてはならない」 と思いながらフワフワ買い物をした記憶があります。
ここで阿弥陀さまの声が聞こえたりとか何か光り輝くものを見ていたら、「あぁ〜この時がkirinnの宗教体験」といえるのですが…
「こんなに悲しいのに、ご飯を食べたいなんて、なんて人間は自分勝手な嫌な生き物なんだろう」と思ってました。


もう一つ‥
宗教体験ではありませんが一冊の本との出遇いがあります。
「安心のかなめ」という本です。
この本はお寺の仏教婦人会に連れて行ってもらったおばあちゃまから頂いたものです。

当時は夜になると、kirinnの父はどこへ行ってしまったんだろう…。
こんなに悲しいのにkirinnはなぜ生きていかなければならないんたろう…と毎晩泣いてました。
泣きながら読んだ本がこの赤い本です。どなたが書いたのかも分からず…うん、うんとうなづきながら何度も何度も読み返しました。
写真の本は二冊目の本です。
泣きながら、うなづいて読んだ最初の本はぼろぼろになってしまいました。
昔の言葉の言いまわしで‥どうしてこの本だったのか‥?分かりません。

kirinnには宗教体験がないなあ〜と思いながら、携帯から思いついたことを投稿しました。

文字の打ち間違いはパソコンから直します。
一気に記しました…
by k-yoko2525 | 2011-01-21 18:18 | 浄土真宗 Joudosinsyuu | Comments(6)

これでいいのかな? 仏教、教育、今の私…悩めるkirinnの1.2.3.ビジヨンです!
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31